言語聴覚士による個別言語療育|ことばの教室あいうえお|兵庫県加古川市

聞く力、話す力、理解する力など、言葉の発達をサポートし、コミュニケーションの力を育てます。

ホームお知らせブログ ≫ 吃音の初回相談について ≫

吃音の初回相談について

《吃音のお悩み》
「子供が気にしているようで、質問されますが答えられません」
「今後どのように取り組んだらいいのか心配です」
「なめらかに話せるような対策はありますか」
といったご相談内容で来室されます。

《初回相談ではどんなことをするの?》
①吃音が始まった時期やその時の発話の様子、今日までの変化など経過をお伺いします。
②吃音検査をして吃音の種類や重症度、言語発達などをみます。
③吃音についての正しい知識、今後のかかわり方、療育内容などについてお話します。
 不安なことや疑問についてお答えしますので、「気持ちが楽になりました」と帰られています。
 お子様に吃音を説明するかどうかについては、年齢や吃音に気づいているかなど状況により対応しております。

《吃音の種類って?》
①連発(繰り返し) 「あ、あ、ありがとう」
②伸発(引き伸ばし)「あーーーりがとう」
③難発(ブロック) 「・・・・あ!りがとう」
3種類あります。随伴症状といって話すときに手や足、体が動く場合もあります。
連発から難発に変化している場合や、随伴症状がみられるようになった場合は、吃音状態が進展(悪化)しているかもしれませんので早期の対応が必要です。

《どのタイミングで相談したらいい?》
①子供が親に話し方について相談してきた
②周囲からからかいや指摘がある
③先生に吃音を伝えたいが、どう伝えたらよいかわからない
④保護者の方だけでは支援が難しいと感じた
などの場合はいつでもご相談ください。
吃音は子供の周囲の環境にも配慮が必要となります。

《どんな療育をするの?》
①環境調整法
 安心して話せる環境作りをします。心理面へのアプローチです。
②リッカムプログラム
 原則6歳までの治療ですが小学校低学年のお子さんにも行っています。親子で行う行動療法です。オーストラリアで開発されエビデンスが高く吃音の寛解をめざします。
③流暢性形成法
 吃音が出にくい話し方を系統的に練習します。流暢な発話経験を積む方法です。
④DCM(要求能力モデル)
 子供に対する保護者の要求(発話運動面、言語面等)を下げ、子供の能力(構音運動、言語力)を高める方法です。

年齢や吃音症状によって適切な方法を選択します。
発達障害を診断されているお子さんは、言葉の遅れに対して先にアプローチした方が良い場合がありますのでお問い合わせください。
サポートできることがありましたらいつでもご連絡お待ちしております。
2024年01月05日 00:00

ことばの教室 あいうえお

〒675-0101 兵庫県加古川市
平岡町新在家

Tel:070-2296-4935

【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】水曜午前・祝日
教室概要はこちら

サイドメニュー

モバイルサイト

ことばの教室あいうえおスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら